「モンベル クリマエアジャケット」コスパ最強のアクティブフリース

スポンサーリンク




そろそろ冬服の準備をと思い、今年は新しいフリースを探していました。
近年、さまざまなアウトドアブランドがフリースを発売していて、あれこれと物色し、実際に試着もした結果、モンベルの「クリマエアジャケット」を購入しました。

数ある有名ブランドの中でも、とりわけコスパという面で群を抜いているブランド「モンベル」。
「アウトドアブランド界のユニクロ」などとも言われるほど、非常にコストパフォーマンスに優れていて、私も愛用しているものがいくつかあります。
今回は、購入したクリマエアジャケットが非常に満足度の高いものだったので紹介したいと思います。

真冬でも暖かい

毛足の長いフリース素材のため、着るととても暖かいです。ホントに暖かい。
私が以前から愛用しているクリマプラス100ジャケットと比べてみますとこんな感じ。


クリマプラス100の方はかれこれ3年以上着ているため、結構へたってはいますが、それでも明らかにフカフカ感が違います。この毛足の長さに比例して、暖かさも全然違います。クリマプラスは真冬だと何枚か中に着込まないと寒いですが、クリマエアだと十分いけそうな保温力。
それなのにこのジャケット、重さは300グラム台という驚きの軽さ。
このジャケットに使われているクリマエアと言われる素材の「繊維の目を粗めに編むことで軽量化している」という特徴によるもの。

モンベル HPより

またこの粗めに編むことで毛足の長い保温力によって生じる内部のムレも外に逃すことができるメリットもあります。これも、同条件で背後から光を当てたものをクリマプラス100と比較してみました。

カラー条件が違うので、比較としてはわかりづらいかもしれませんが、クリマエアの方が光をたくさん通していたことから、大分生地には隙間があることがわかります。

スマートなシルエット

皆さんもご存知の通り、フリースは起毛素材です。その特徴から着膨れしやすく野暮ったい印象になりがちです。

モンベル HPより

しかし、このクリマエアジャケットは、ボディラインや腕周りがスッキリと作られていて、その野暮ったさがありません。このシルエットが「太過ぎず細過ぎない」絶妙なラインで、体型のラインを拾い過ぎないので私のような中年おじさんでも安心して着ることができます。

動きやすい

そもそもアウトドアアクティビティ用に作られたモデルのため、非常に動きやすく作られています。体の側面や腕の袖口にはストレッチクリマプラスという素材を使用。

モンベル HPより

ポリウレタンを混ぜたこの素材は伸縮性抜群で、体の動きを邪魔しないストレッチ性を実現しています。
また、この素材は裏面が起毛していて保温性もばっちり。さらには通気性にも優れ、運動量が増えても蒸れにくく快適性にも一役買っています。

グレーの生地部分がストレッチクリマプラスという素材。保温力を保ちながら非常に動きやすい設計になっています。

機能的なのに良心的なプライス

クリマエアジャケットとよく似た型のフリースにパタゴニアのR2ジャケットがあります。
ハイロフトフリースとストレッチフリース素材を組み合わせた外観は確かによく似ています。しかし、よく見るとその素材は全く違うもので、モンベルは自社オリジナルのフリース素材を使用しているのに対し、PatagoniaのR2ジャケットはポーラテック社の高機能フリースが使われています。
それによって、クリマエアジャケットは約9,500円に対しR2ジャケットは約24,000円と約2.5倍ほどの価格差になっています。

これは、Patagoniaが高いというわけではありません。アウトドアブランド各社から、高機能フリースジャケットが発売されていますが、このような動きやすく群れにくい設計のウィンターアクティビティ向けのフリースは、PatagoniaのR2と同等の価格帯になっているものがほとんど。

製品としての耐久性や信頼性などに違いはあるのかもしれません。しかしそれを差し引いてもこの価格差こそが、このクリマエアジャケット最大の魅力ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク









コメントを残す