【α7c】α7がこんなに小さくなるなんて…

スポンサーリンク




数日前、ソニーから新しいフルサイズミラーレス機が発表になりました。

その名も「α7c」。

α7の系譜にニューモデルが加わりました。ちなみにCは、CompactのCで、名前の通りフルサイズとは思えない小型軽量化されたボディがインパクト大。尚、上の画像の通りブラックとシルバーの二色展開になっています。

外観ほとんどAPS-Cカメラじゃん

公式HPでは、α7Ⅲとα6600とのサイズ比較画像が載せられており、サイズ感的にもスペック的にも、このフルサイズ機とAPS-C機の中間にあたる位置付けのモデルと言えます。

重さはバッテリーとメモリーカードを含んで約509㌘。フルサイズ機がペットボトル飲料とほぼ同じ重さです。もちろん、シグマのfpは、さらに軽量のフルサイズミラーレス機です。しかし、電子ファインダーを搭載して、ボディ内手ぶれ補正機構も搭載してといるのがα7c。フルサイズを持ち歩きたいというユーザーにとってはどちらもあるとありがたい機能です。

キットレンズも新しく作られ、レンズを含めてもα7Ⅲのボディのみと変わらないくらいの重さになっちゃってます。フルサイズ用のレンズとなるとどうしても重くなりがちなので、軽さ重視のズームレンズは相性抜群。

中身ほとんどα7Ⅲじゃん

α7Ⅲとα6600との主な性能を比較してみました。

機種名 α7c α7Ⅲ α6600
イメージセンサー 35㍉裏面照射型 35㍉裏面照射型 APS-C
有効画素数 約2420万画素 約2420万画素 約2420万画素
ISO感度 100-51200

(拡張:50-204800)

100-51200

(拡張:50-204800)

100-32000

(拡張:50-102400)

ボディ内手ぶれ補正 5.0段分 5.0段分 5.0段分
測距点 693点 693点 425点
検出輝度範囲※1 -4〜20 -3〜20 -2〜20
瞳AF 人物+動物 人物+動物 人物+動物
動画瞳AF 人物 × 人物
ファインダー 0.39型

約236万ドット

約0.59倍

0.5型

約236万ドット

約0.78倍

0.39型

約236万ドット

1.07倍

液晶モニター バリアングル チルト式 チルト式
連写性能 最高約10コマ/秒 最高約10コマ/秒 最高約11コマ/秒
シャッタースピード 1/4000-30秒 1/8000-30秒 1/4000-30秒
フラッシュ同調 1/160秒 1/250秒 1/160秒
動画記録 4K30P(FHD120P) 4K30P(FHD120P) 4K30P(FHD120P)
カードスロット シングル デュアル シングル
撮影可能枚数※2 740枚 710枚 810枚

※1 (ISO100相当、F2.0レンズ使用)
※2 液晶モニター使用時(CIPA規格準拠)

基本的な性能はα7Ⅲと同等。AF性能はやや上がっているくらいです。また、背面モニターがバリアングル仕様になっているのが今風ですね。

カードスロットやシャッタースピードに差がありますが、このあたりにユーザーの色分けをしているのが見て取れます。

まとめ

フルサイズセンサーのカメラがこんなにコンパクトになる時代が来るなんて、つい5、6年前には思いもしませんでした。しかも中身がいまだ先頭集団を走るα7Ⅲなんですから末恐ろしい。気軽に持ち歩くスチルカメラとしてはもちろん、今をときめくVlogerにも愛されるカメラになるでしょう。

なににせよ、その時を切り取る道具がコンパクトになることは正義です。この値段でこのスペックはお値打ちではないでしょうか。

スポンサーリンク









コメントを残す