2020年発売⁉︎ SONYのα7Ⅳ・α7SⅢのウワサ!

スポンサーリンク




「2020年には、ソニーのフルサイズミラーレスα7Ⅳやα7SⅢが出る」という噂が絶えません。

噂されているどちらの機種も前モデルがプロアマ問わず大変な人気を誇り、ソニーをミラーレス一眼レフの主役に押し上げた立役者と言っても過言ではないものですから、噂になって当然。私も非常に気になっていて、噂には非常に敏感になっています。

今日はそんな両機種の発売時期やスペックに関するウワサをまとめてみました。

α7 IVのウワサ

  • α7 IVは正常進化モデルで、革新的なカメラではないだろう。α7R IVに24MPセンサーを搭載したようなモデルだ。ソニーがサプライズとしてα7 III とは異なる新型のセンサーを投入してくれれば幸いだ。
  • ソニーα7 IV にはバリアングルモニタが採用され、モニタのスペックはα7 IIIと同じで改善されていない。よりブロガーのためのベーシックモデルに近くなっている」
    その他の部分については、α7R IVと同じEVF、同じAFシステム、同じボディデザインを期待している。

α7S III のウワサ

  • ネット上では、「α7S III が発表されないかもしれない」というコメントが投稿され続けているが、心配は無用だ。α7S III は今年中に登場する。もし、それでもまだ心配なら、ソニーが何度も(α7S IIIの登場を)認めていることを忘れないで欲しい。
  • ソニー(のインタビュー)によるとα7S III は次のようなカメラになる:
    1. α7S III の動画は間違いなく少なくとも4K60p 10bit 4:2:2 になる。
    2. 予想を超える何らかの機能が搭載される。
    3. そしてもちろんバッテリーライフが長くなり、AF精度が改善される。
    4. プロトタイプ機は4K120pで録画が可能(8Kに対応していない)。
    5. プロトタイプ機はこれまでよりも厚く、空気穴がある。
    6. α9 II と同じような改善がある(AF、造りの品質、防塵防滴)。

発売時期について

α7 IV とα7S II後継機は、間違いなく今年中の発売が計画されているが、全ては中国の生産の問題がどれだけ早く解決されるかにかかっている(ソニーのカメラはタイ製だが、部品の多くは中国から輸入されている)。α7S II 後継機の発売は2020年9月になるはずだ。

まとめ

これらのウワサにはどこまで信憑性があるのかは分かりませんが、サプライズ要素になるようなウワサはなく現実的な感じがします。先日発表されたキヤノンのR5がかなりセンセーショナルなスペックだったので、是非ともウワサを超えるようなものを期待したいものです。発売時期に関しては、ネットでもわりと今年に発売されるというウワサが信憑性が高いと言われています。しかし、新型コロナウイルスの影響で生産工場の状態がどうなのか、そのあたりは懸念されるところですね。

とにかくもうしばらく、ウワサに耳を傾けて心躍らせながら貯金に励みたいと思います。

スポンサーリンク









コメントを残す