【レビュー】THE NORTH FACE シェイブドゥハイカー デザイン性と機能性を兼ね備えたできるヤツ!

スポンサーリンク




最近のアウトドアブームや、音楽フェスなど野外フィールドで歩く機会が増えています。

そんな時、日常履きしているシューズでは本格的なオフロードでは危険も疲労も多く、登山では「3種の神器」と言われるほどシューズは大切なアイテムとなります。しかし、本格的なアウトドアシューズっていかにもというデザインなので、年に何度もアウトドアシーンに出向かない方には少しもったいない買い物ですよね。

私は今年、友人たちと富士山に登るための靴を探していましたが、やはりそのためだけの靴はもったいないので、

  1. 富士山の岩場にも耐えられる耐久性
  2. 雨天時にも快適な防水性
  3. タウンユースも可能なデザイン

の条件を満たす靴を探していましたら、店頭でついに見つけてしまいました。それが今日ご紹介するTHE NORTH FACEの「シェイブドゥハイカー」です。

概要としてメーカーの紹介文を引用します。

優れた防水透湿性を誇るGORE-TEX メンブレンを使用した、スピードハイキング用のトレッキングシューズです。デザイン性の高いニットアッパーに加え、クッション性に優れるエクストラフォーム™ミッドソールシステムを採用。包み込むようなフィット感と、高い衝撃吸収性を発揮します。さらに、ミッドフット構造を台形に仕上げることで、着地時のヨコぶれを軽減し、安定感が向上。アウトソールは、トレイルでの加速と減速、屈曲性のパフォーマンスを高めた、THE NORTH FACE独自開発のEXTS™システムで設計。さまざまな路面コンディションとフィールド状況に対応します。

要はハイスペックということです。私も3ヶ月くらい履いていますが、この魅力は文章だけでは伝わりにくいので写真を交えてご紹介します。

オシャレポイント:都会的なカラーリング

メンズは3種類

メンズは、ブラック、グレー、ネイビーの3種類。ニットアッパーにシックな色使いなので街履きしてもかっこいいです。

レディース2種類

レディースはブラック×ホワイト、ラピッドグレー×ホワイトの2種類。ブラックホワイトの色づかいはメンズラインにも欲しかった…

大人に似合う顔つき

実は、私は違う靴を目当てにスポーツショップに行ったのですが、そこで初めて見たこの靴のかっこよさに一目惚れして浮気してしまったという経緯があります。

私はブラックを購入しました。すでに雨の中何度も履いているので少し汚れています。実物は、写真で見るよりもずっとオシャレです。

ニットアッパーが都会顔で、履き心地も柔らかく包み込むようで◎。タンはメッシュ素材になっています。かかとにループがついているので、足入れも楽ちんです。お店で試し履きしたときに店員さんに「少し大きめを選んだ方が良いですよ」と言われれたので、普段より0.5センチ大きめを購入。これがバッチリでした。ネットでも0.5〜1センチ大きめを購入している人が多いようです。

真っ赤な中敷が遊び心を利かせていて、ニクイ!

防水性とムレは?

ニットアッパーの内部にゴアテックスを貼っているので防水性は抜群。先日雨の降る中、この靴で40キロの道のりを歩いたのですが、足はまったく濡れませんでした。また、ゴアテックスの靴は二重素材のため普通の靴よりムレるという傾向がありますが、このシューズはムレを感じることもなく快適に歩くことができました。

どんなフィールドにも対応するアウトソール

生体力学に基づいてノースフェイスが独自開発したオリジナルラバーソールを採用。地面が乾いていても濡れていても、しっかりグリップしてくれます。トレッキングシューズですので、底は硬いのですが、横に入っている切れ込みが歩く時に自然に足裏に沿って曲がるので、つかれません。

クッション性抜群のミッドソール

ミッドソールは、XTRAFOAMコアと呼ばれる「柔らかいけど、しっかり中身の詰まった」発泡状のEVAの周囲を、より硬度の高いEVAで堤防のように囲ったソールユニットを採用しています。着地時の衝撃をリッチに吸収しつつ、堤防状のEVAが前後左右へのブレを防ぎます。また非常にヘタりにくく、新品時の性能が長く期待できるという特徴も。

ボリューム感がトレンドを感じさせます。

コーディネートサンプル

オールシーズン・どこででも履ける万能シューズです!

本格的なアウトドアシューズとしての性能を十分に持っていながら、都会っ子の顔つきをしたシューズ。男なら絶対にモテるタイプですね。

これ1足あれば、旅行やアウトドアのどんなコンディションの中でも足下を気にせずガンガン歩けます。

尚、今回私はタウンユースを考えてローカットを購入しましたが、ハイカットバージョンもありますので本格的なアウトドアシーンを目的に購入するのならそちらがオススメです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク









コメントを残す