ポートレートレポート。vol.3

スポンサーリンク




こんにちは!kazuです★
ポートレート撮影は、これまでほぼ妻か子どもくらいしか撮らなかった私。この企画を始めてみて、ポートレート撮影の楽しさと難しさを実感しています。
被写体となる相手がいて、2人の人間が関わるから思うような写真を撮ることがなおさら難しい。逆に良い写真が撮れた時は、共有する相手がいるのでその喜びは2倍になりました。
また、写真を通して人間関係がつながっていくことにも楽しさを感じています。
さて今回は、この企画初めての男性モデル。これまであまり考えたことがなかった「かっこよく撮るにはどうしたら良いか」。
撮った写真に私の苦悩している感じが出ていると思います。笑

今回撮らせてもらったのは、私の友人であるアツミくん。高身長で男前、そしてオシャレな彼。実は、ポートレートレポートvol.1の被写体になってくれたヒナノちゃんの実の弟です。なかなか都合がつかなかったのですが、先日撮影させていただける運びとなりました。

今回の撮影地は、徳島中央公園。緑が豊かでとても撮影に向いた場所だと感じました。

植物は、男性にも女性にも合うなーと思いました。

とはいえアツミくん、被写体となるのは初めて。私も男性をモデルに撮影するのはほぼ初めて。どう撮ったら良いのか、試行錯誤しながらの撮影となりました。

ついつい「ポケットに手を入れて」という指示一辺倒に。笑

石垣のゴツゴツした質感が男性には合うと思い、背景にセレクト。奥行きと導線が作れるかと思い、斜めから撮りました。

ジャケットをもう1着持って来てくれていたので、途中から着替えてもらいました。冬は花なども少ないため、落ち着いた色になりがちだと思っていたため、この青いジャケットは救世主に見えました。

やや燻んだ色の生垣があったので背景に。

燻んだ色って、冬っぽいし個人的にとても好きです。

駅を模した建物が合ったので、アンニュイな雰囲気で待つイメージで撮りました。

それにしても、男性のポートレートって難しいと思いました。写真映えしそうな場所を見つけても、男性がカッコいいポーズが思いつきません。男性撮影の経験値の少なさを実感しました。これからは男性も撮りたいです。

この辺りは場所が良かったので、「カメラを意識せず、自然なイメージで★」とお願いしました。

木漏れ日が岩に当たって良い感じの場所がありました。光と影のコントラストを出したかったのですが、もう少し場所を変えたり、アップで撮ってもても良かったかも…と思いました。

通称「竜王のクス」の前で。

この時、不思議な事があったんです。写真を撮っている時に2人の目の前をおばさんが通り、奥の藪の中に入っていきました。その直後一瞬タヌキが出て来て、すぐに藪の奥に消えたと思ったら、おばさんの姿もどこにもなかったのです。藪は切り立った斜面になっていて道はありません。あのおばさんは一体なんだったのか……。

アンニュイな雰囲気で。もともとお城の跡地にある公園なので、お堀の池もあって本当に撮る場所には困らないロケ地でした。

公園内をグルリと一週しながら撮影し、最後にウッドデッキで撮ってこの日は終了。本当に被写体になってくれたアツミくんには、なかなか上手い指示が出せず申し訳なかったです。被写体の力で写真を撮らせてもらった感じになってしまいました。

今回も、撮影するなかで色々と新しく勉強になることがありました。撮った写真を振り返って見た時に「こんな良い場所で、なんで色んなパターンを撮ってないんだ」と後悔したりしました。

また、まだまだ光の読み方がへたくそだなーと思います。撮った写真をよく観察して、次回どう活かせるか考えていきたいと思います。

ということで、今回はここまで。まだまだポートレート修行は続きます。そして引き続き、モデルさんを募集しております★男女問いませんので、撮られても良いという方は、ご連絡くださいマセ!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました★

スポンサーリンク









コメントを残す