【Photoshop】で簡単に肌をきれいにする方法!!

スポンサーリンク




こんにちは!kazuです★

私はふだん写真を撮影した後、lightroomでセレクトから現像までを行い、ほぼそれで完結しております。しかし、例外としてphotoshopを使うことがあります。

例えば、女性のポートレートを撮影した時がそうです。この写真をご覧下さい。

ウソだろってくらい、目がキレイですね。目が綺麗すぎて、本題に入れません。が、強引に入ります。肌もキレイじゃないですか!?

これもそうです。ウソだろってくらい目が綺麗。違う、目の話じゃありません。肌がなめらかですよね!?

たとえば、街中で見かける芸能人が使われたポスターなんかも、大なり小なりフォトショップのようなソフトでレタッチされています。私も、このレタッチをする時にphotoshopを使っているんです。最低限の手順で簡単に済ませる程度ですが。

こんな感じです。

今日は、私が行っている、photoshopを使って簡単に肌をキレイにレタッチする方法を紹介したいと思います。

尚、私はwindows OSで、photoshop CS6を使っていますので、ショートカットなどwindowsに準拠しています。ご了承くださいませませ。

手順1.レイヤーを2つ複製する

まず、元画像のレイヤーを2個複製します。レイヤーを右クリック。レイヤーの複製で出来ますが、windowsなら、ショートカットキーctrl+Jを2回押すとできます。

3つのレイヤーができました。分かりやすいように、重なっている順から、上レイヤー、中レイヤー、下レイヤーと名前を変更しました。以下、それぞれのレイヤーをこの名前で書きます。

手順2.中レイヤーにぼかし(ガウス)を適用。

  1. まず、この後のフィルター処理のかかり具合が見えるように、上レイヤーの左にある目のマークをクリックし、上レイヤーが非表示になるようにします。
  2. 中レイヤーを選択し、上部の「フィルター」→「ぼかし」→「ぼかし(ガウス)」を選択します。

尚、肌を修正したい顔の部分を拡大しておきます。これもフィルターのかかり具合を見るためです。プレビューにチェックが入っているのを確認したら、ぼかしの半径を調整します。上げると肌がなめらかになっていきますが、どんどん質感がなくなっていきます。質感がなくならないよう、肌の状態とバランスを見ながらなるべく低い値で設定します。今回は上の画像のように6.0pixelにしました。

手順3.上のレイヤーに「イメージ→画像操作」、描画モード「リニアライト」

今度は、上レイヤーの表示を戻し、上レイヤーを選択します。そして「イメージ」→「画像操作」を選択します。

そうすると、上の画面のようなメニューが出てきます。ココで変更するのは次の4つです。

  1. レイヤーを中レイヤーに。
  2. 描画モードを減算に。
  3. スケールを2に。
  4. オフセットを130に。

あとの項目は触らなくて良いです。

そうすると、画像が灰色になり、輪郭だけ浮かび上がっている状態になりました。そうしたら、再び「上レイヤー」を選択し、描画モードを「通常」から「リニアライト」に変更します。


手順4.肌の部分をクイックマスクで選択

この処理は、どのレイヤーでもかまいません。

まず、①のクイックマスクのアイコンをクリックします。そして、ツールバーからブラシツールを選択します。

ブラシツールでは、②硬さを0に、不透明度を20に設定します。直径は、塗りやすい幅に設定を変えながら行います。

ブラシで塗ると、上の画像のように塗ったところが赤くなります。上の画像くらいまで塗ります。

このとき、鼻や目、口には塗らないようにしてください。

塗り終わったら、クイックマスクボタンをもう一度押します。

クイックマスクモードを押すと、赤く塗られた部分以外が選択範囲になります。赤く塗られた部分を選択範囲にしたいので、上の画像のように「選択範囲」→「選択範囲を反転」をクリックします。

手順5.真ん中のレイヤーに、再びぼかし(ガウス)を適用。

今度は中レイヤーを選択し、メニューバーから[フィルター]→[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選びます。

手順2の時と同じように、顔部分を拡大し、肌のなめらかさと質感のバランスを見ながら、上げすぎないようにぼかしをかけます。

完了したら、Ctrl+Dで選択を解除します。

6.コピースタンプで仕上げ

これでずいぶん肌が綺麗になったと思います。最後に、ニキビやシミなど、気になる所を除去します。

上レイヤーを選択し、ツールバーから、コピースタンプツールを選択します。コピースタンプツールも自然に馴染むように、不透明度50パーセント、硬さ0にして少しずつ塗って調整します。

肌の綺麗な部分を「Alt」キーを押しながらクリックすることで、コピーサンプルを取ります。その後、シミやニキビなど気になる部分をクリックorドラッグすることで綺麗に除去されていきます。ドラッグしすぎると、肌以外の部分が入ってしまうことがあります。コピーサンプルはこまめに取り直しましょう。

まとめ


これで、完成です。肌の質感を極力残したまま、なめらかな感じになったんじゃないでしょうか。このようにフォトショップでレタッチすれば、簡単に肌を綺麗にすることができます。慣れれば数分で完成します。もちろん、やり過ぎると自然な肌の質感が損なわれますので、ほどほどにすることが肝心です。

このほかにも肌のレタッチの方法は、ネットで検索すれば色々と方法が出てきます。今回は、私がその中でも一番お手軽に良い効果が得られるなーと感じて使っている方法を紹介しましたので、参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

 

スポンサーリンク









コメントを残す