iPad Pro(2020年モデル)購入!

スポンサーリンク




ついこの間、さらっとApple Storeにて発売された新しいiPad Pro。

ついこの間、iPadを購入した記事を書いたばかりの私。

つい最近、この新型iPad Proに買い換えました。

これは決してチョイスミスによる買い替えではなく、最初から計画していたこと。昨年からProの方を買おうか悩んでいたのですが、そろそろ新型が出るという噂が絶えなかったので、その繋ぎとしてiPadを購入していたのです。特にタブレット初心者だったので、「本当にProが必要なのか」という部分を見極めるためにも、一度無印版を使ってみたかったというものありますが…。その話は最後に書くとしまして、先に新しく購入した新型iPad Proを紹介したいと思います。

購入したiPad Pro(2020)の紹介

今回買ったのは、iPad Pro 11インチの第二世代・2020年モデル。色はスペースグレイで256GBのWiFiモデル。

前モデルとの明らかに大きな違いは、カメラレンズくらい。CPU含めメモリなどの違いもあるようですが、性能的にはほとんど変わっていないと言っても過言ではありません。ですから「2018年モデルを持っている人にとっては買い換える必要はないんではないか」というのが多くの人の意見ですね。とはいえ、フラッシュモデルの価格が下がったためか、モデルより安くなっているので、前モデルを買うか悩んでいた人には嬉しいでしょう。

より安くiPad Proを購入したいならば、前モデルの整備済み製品を購入するというのも良いかもしれません。

iPad(2019)と比べてみました

使っていたiPad第七世代と並べてみました。サイズ感としてはほとんど変わりませんね。様々な方のレビュー記事や動画を参考に、個人的にはノートパソコンとの棲み分けとして、iPadは12.9インチではなくこのサイズがベストアンサーではないかと判断しています。今回のiPad Proはカメラレンズ部分が変わりました。

わずかにiPad Proの方が薄いんですね。iPadもiPad Proどちらもあまり裸で使う人も多くないと思うので、この差はケースによって変わるとは思いますが、スペックに差がある分少し嬉しいですね。また、Apple Pencilの充電方式の違いによってProはサイドがフラットになっています。

Apple Pencil2はやはり良かった。

Apple Pencil第二世代が使えるのはiPad Proだけ。Apple Pencil第一世代でも十分な使用感だと感じていましたが、比べてみると使用感の差は歴然でした。まず、上の写真で見て分かる通り、右側のApple Pencil第二世代の方が少し短くなっております。それによって重心が変わったからか、第一世代も第二世代も公式HPで表記されている重量は同じ20.7㌘なのに、明らかに第二世代の方が描くときに軽く感じます。これは気がするレベルではなく、明らかに軽い。Appleさん、測り間違えてるんじゃないの…?

そのほか第一世代からの進化をザッと挙げますと

  1. ペンシルをダブルタップするだけで、消しゴムなどのツールと瞬時に切り替えられる
  2. ペン先の遅延がさらになくなった(もはや遅延は感じられない)
  3. iPad Pro本体にくっつけるだけで充電、Bluetooth接続が可能。

3つとも、第一世代の短所と言える部分を改善しています。もともと、スタイラスペンとしては高い完成度だと言われていた第一世代の短所を埋めることで、もはやこれ以上の進化が想像できないほどの仕上がりに感じます。ペン先の遅延に関しては、iPad Proの画面の仕上げの違いも相まって、ペン先と描くラインがぴったりついてくる感じ。これはもう紙とペンと同じ印象で筆記が可能です。

画面の違い

True Tone機能を切り忘れていたので、同条件の画像の比較にはなっていませんが、並べて比べるとやはりiPad Proの方が画質は上でした。上の画像では分かりづらいかもしれませんが、シャドウとハイライトの色調が豊かに感じました。

やっぱりAppleは、ワクワクさせてくれる。

冒頭にも「iPad Proが本当に必要なのか」という見極めのためにiPadを買ったと書きましたが、正直iPadも本当に素晴らしいガジェットだと感じていて、「Pro買わなくていいんじゃないか」と、随分悩みました。しかしながら、そもそも買い換える予定でiPadもスマートキーボードを購入していなかったので、今回新型と同時に発表されたMagic Keyboardの魅力に後押しされる形で購入しました。今思えば完全にappleの策略にハマってしまった形です。

比較してみると、価格差だけの性能差はたしかに感じられました。そして、今回のキーボード発表によってappleさんは、ますますラップトップレスとの差を埋めにかかっているように感じます。そういう意味で躊躇なくiPad Proの周辺機器を揃えることができます。

iPad Pro購入直後の私の感想としては、ブラウジングを主な目的に趣味・遊びとしてスタイラスペンを使うことを考えている場合にはiPadで十分ですが、クリエイティブなことに憧れていたり、チャレンジしたいと考えている方には、iPad Proは明らかに別次元の環境を与えてくれる魔法の板だと感じました。

尚、学生や教職員さんは4月6日までの期間限定で、iPad Proを購入すると¥12,000分のApple Storeギフトカードのプレゼントと、AppleCare+に20%割引で加入できるので、購入を悩んでいる対象者の方は是非この機会に!

また、しばらく使った感想も書いてみたいと思います。

スポンサーリンク









コメントを残す