富士フイルムの本気ミラーレス! X-T4間もなく発売。

スポンサーリンク




先日富士フイルムがAPS-Cミラーレス一眼レフの最新モデル「X-T4」の発売を発表しました。これは、富士フイルムのAPS-Cミラーレスシリーズ史上、最高性能を発揮するフラッグシップモデルです。

人気の高い「X-T」シリーズの最新機らしく非常に魅力的なアップデートを遂げていましたので、ここで私が注目した部分をおさらいしたいと思います。

「X-T」シリーズ初搭載にして、強力な手ぶれ補正

「X-T3」にはなかったボディ内手ぶれ補正が、ついに搭載されました。しかも、いきなり最大で6.5段分の補正を行うことができるということです。「最大で」と書いたのは、レンズによるもので、現在「X-T4」に対応しているレンズ29種類のうち18種類で6.5段、ほか4種類で6段、5.5段が6種類、そして最低でも5段の補正が可能と初搭載機種でありながら強力な補正機能になっています。

新開発のシャッターユニット

シャッターユニットは衝撃吸収構造が見直され、シャッターの耐久性が従来機種の2倍(シャッター動作耐久値30万回)になったほか、「X-T3」と比較してシャッター音が三割ほど低減しているとのことです。さらにさらに、メカニカルシャッターで約15コマ/秒の連写が可能になっています。

AFが改善され、さらに強力に

AFのアルゴリズムも改善され、AFの合掌速度が0.02秒に向上。正確性においても動体追従の合掌率が上がり、これまで苦手とされていた遠ざかっていく被写体に対しても追従性が改善され、さらに連写時の瞳AFの検出精度も向上したとのことです。

EVFにブーストモード

EVFは0.5型有機ELファインダーで約369万ドット表示。そしてこのELファインダー、①低照度環境で被写体の視認性を向上させる「低照度優先」②ブツ撮りなど高いピント精度が求められるシーンに向く「解像度優先」③動体撮影時に向く「フレームレート優先」3種類から表示状態を選択できるブーストモードが搭載されました。撮る被写体や環境によって見易さを調整できるので使い分けることで、より快適な撮影が可能になります。

バッテリーが大容量に

従来より大容量のバッテリーに変更したことで、撮影枚数がエコノミーモードで約600枚、ノーマルモードでも500枚撮影可能となっています。X-T3のノーマルモードでは約390枚だったので大きく改良されたといえます。

防塵防滴でシリアスな環境でもOK

これは従来機同様、全63箇所のシーリングを施していて、高い防塵防滴性能を誇ります。-10℃の低温環境や水滴や砂煙が舞う過酷な撮影環境でも問題なく動作することができます。

動画面もパワーアップ

動画撮影も4K動画を60fpsで撮影可能。さらに1080pなら240fpsのスローモーション撮影が可能。さらに動画撮影では電子手ぶれ補正機構を搭載。オンにすると画面が10%クロップしてブレを補正します。さらに構図を変えずに動画を撮影する際に、さらなる手ぶれ補正効果を発揮する「ブレ防止モードブースト」機能も搭載されています。

まとめ

ボディのサイズと質量は前モデルと比べて若干増加しました。高さは変わらず92.8mm、幅が2.1mm増加の134.6mm、厚さが最大で5mm厚くなって63.8mm、重さが68グラム増加の607g。気持ち重くなっているかもしれませんが、マイナスとは言えないレベルです。

このX-T4は、写真撮影だけでなく動画撮影にも非常に強化されていて、背面モニターもバリアングルになったことで、フォログラファーだけでなくYoutuberなどの動画クリエイターにも支持されそうな魅力的なモデルに仕上がっていると言えます。

スポンサーリンク









コメントを残す