レビュー記事:コンパクトでPD対応。モバイルバッテリーはAnkerがオススメ。

スポンサーリンク




とっさのバッテリー切れに備えてのモバイルバッテリー。もはや1日外出なんてときには必需品になりつつあります。通信回線の5G化による、情報の大容量化ともなれば、ますます活躍するかもしれません。

今日は私が新調したAnker PowerCore 10000 PD Reduxが、とてもオススメなので紹介したいと思います。

すでに使用感バリバリですいません。ほとんど毎日カバンに入ってるもんで。このバッテリー 、必要十分な容量でいて軽量コンパクト、USB端子はTypeAもCもありながらどちらも高速充電可能。それでいてスタイリッシュ。外出先でiPhone、iPad、Bluetoothイヤホン、モバイルBluetoothスピーカーなんかのいざというときを支えてくれる良き妻です。

小さくて軽くて容量十分。

容量が10,000mAhあるので、最近のスマホだと2回以上、タブレットでも1回のフル充電が可能なくらいの容量です。これだけの容量があれば、お守りとしては十分。もちろん容量が多いにこしたことはないんですが、500mlペットボトルみたいな重さだと、持ち歩かないという選択肢も出てくる気がします。そこにきてコイツは重量192㌘。タマネギ1玉分。

iPhoneXRより一回り以上コンパクト。

USB-Cでも。USB-Aでも。

新しく登場する電子機器に付属する充電ケーブルはUSB-Cのものが増えてきているようですが、私の愛用しているガジェットを充電するためにはUSB-Aでないと困るものも多くあります。このモバイルバッテリーはUSB-CとUSB-Aがそれぞれ一口ずつあるので、どちらにも対応できるのがありがたいところ。

USB-CはPD(高速充電)対応

TYPE-CはPD(Power Delivery)対応で高速充電が可能。最新のiphoneも30分で最大50パーセントまで充電することができます。バッテリー 本体を充電するときもこのポートから可能で、PD対応の充電器を使えばフル充電まで3.5時間で行えます。
(ANKER公称値)

USB-AはPower IQ対応

TYPE-AもPowerIQ™テクノロジー対応。これは、接続された機器を自動的に検知し、その機器に適した最大のスピード(最大12W)で急速充電を行うことができるというもの。

低電流モード

Bluetoothイヤホンといった小型の電子機器を最適な電流で充電する「低電流モード」を備えています。このモードに切り替える方法は、電源ボタンを2秒間長押しするか、2回連続で押すだけ。インジケーターが緑色に点灯すれば切り替え成功です。尚、元に戻したいときはもう一度電源ボタンを押すと戻ります。

インジケーターの左端が緑色になれば低電流モード。

付属品

メッシュの本体カバーと両側USB-Cのケーブルが付属品です。つまりiPhoneを充電しようと思えばLightning端子のケーブルが必要ですし、本領であるPDの高速充電を利用しようと思えばそれ用のケーブルを別途購入する必要があります。また、バッテリー本体に高速充電するには対応の充電器を用意する必要があります。

私が一緒に持ち歩いているケーブルと充電器。同じAnker製のケーブルは、0.9mのもの。線が強くて断線するイメージが湧きません。iPhone使いの人は絶対一緒に購入すべきです。

充電器に関しては、この写真のものが非常にオススメなんですが、これは次回紹介したいと思います。

結論:持っていない全ての人にオススメします。

モバイルバッテリーは、災害時などの電気が供給されないときにも充電できるので、安心感という部分もあります。以前の機種と比べてみると、高速充電の便利さを非常に感じています。Anker製品は比較的安価でありながら製品保証もあるので安心して購入できる面でもオススメです。持っていない方はもちろん、買い替えの検討をされている方や充電スピードに不満のある方には絶対オススメです。

スポンサーリンク









コメントを残す